こどものうた

きのこ

まどみちおさん作詞の『きのこ』は語感やテンポがノリノリで、とっても楽しく歌える一曲です。

曲調にも変化があって、後半に向けて勢い付いていく雰囲気も楽しめます!

きのこ

作詞 まどみちお 作曲 くらかけ昭二

一番の伴奏です

歌詞を見る

き き きのこ

き き きのこ

ノコノコ ノコノコ 歩いたりしない

まどみちおさん…ユーモアたっぷりですね。

もし歩いたら事件です。

銀の 雨 雨 降ったらば

背が伸びてく るるるるるるるる…

雨の色が銀色っていうのも面白いですね。

歌の導入で、こどもたちにも、「雨の色って何色かなあ?」って聞いてみたら面白いですね。

「まどさんっていう、この歌を作った人は、なんと銀色に見えるんだって!」と伝えたら、うちのクラスなら「えええ〜!!!」とかわいいリアクションをしてくれそうです。

「今日は雨が降っているね、明日、雨の色が何色だったか教えてね。」とお話しして「さようなら。」のあいさつが出来たらそれも楽しいです。

雨が降るときのこが成長するという、生物の仕組みにもふれられますね。

背を『せい』と読む表現も時代の日本語を感じられて好きです。

ぜひ こどもたちと楽しく歌ってみてください