こどものうた

あめふりシンフォニー

雨の日に歌いたい、雨音をかわいい旋律で表現した曲です。

あめふりシンフォニー

作詞 新沢としひこ 

作曲 中川ひろたか

一番の伴奏です

歌詞を見る

トッテン ピットン ポッツン パララン

あなたには、雨の音がどう聞こえますか?

せわしなく過ごしていると、雨は濡れて嫌だなという気持ちがどうしても先行してしまいますよね。

この曲は、雨を『音』の面からとらえた、かわいい旋律のうたです。

雨粒(あまつぶ)楽団(がくだん)という表現に触れられるところもとても素敵です。

雨の音は空のコンサートのハーモニーなんですね。

雨の日にそんな気持ちを思い出せたら素敵です。

私は、こどもたちと耳を澄ませてどんな音だったか聞いてみるのが好きです。

そして教えてくれた音を、この曲の替え歌にしてみんなで笑い合うのが好きです。

私のクラスは自由でひょうきんな子も多かったので、「ドードー!」「バーバー!」と変顔をしてみんなを笑わせてくれたり、照れ屋さんが「えぇ〜?…ぴちゃぴちゃ」「…トトト」などと教えてくれる時間がとっても楽しかったです。

こどもと過ごすと、素敵なオノマトペ(擬音語・擬態語)にたくさん出会えますよね。

ぜひ歌ってみてほしい一曲です。